022-302-7823

©2019 by CYOPA. Proudly created with Wix.com

高校受験

確実な合格を実現するための

個別指導・少人数授業

​2020年宮城県高校入試に完全準拠。個別指導ではあなたの現在の学力と指導内容のマッチングを取りながら、志望校にフォーカスした高効率な指導を展開します。集団授業は少人数編成で、個々人を着実にサポート。単に成績を上げるためだけの小手先の指導ではなく、入学後や大学入試まで通用する、本質的な学力の養成を目指していきます。

​高校入試が終われば一旦リセットされてしまうような知識や勉強では努力した甲斐がありません。目指すべきは合格後に志望校の授業について行き、上位層に食い込むだけの勉強力をつけることです。大学入試まで見据えたCYOPAの本質を極める授業で、本物の学力を身につけましょう!

首都圏・最難関校 受験コース

灘・開成・筑駒をはじめとする

日本最難関高校を目指すキミへ!

​Coming Soon!

 
二高・一高 受験コース

​東北の最難関!

二高・一高・ナンバースクールを目指すみなさんへ!

CYOPAの授業はみなさんの学力に最適化した、少人数制の授業です。だから分かりやすく着実に実力を伸ばしていけます。また、進学後に上位層に食い込むための学力や勉強力を身につける、本質を追求した指導を展開します。折角、志望校に合格してもついていけないなど、上位層に食い込めないのでは意味がありません。みなさんの本当の目標はその先にあるはずです。

CYOPAの授業は大学入試まで見据えてデザインされています。難関校を目指すみなさんだからこそ、CYOPA

で本物の学力を身につけてください。

無料体験実施中!

​まずはお問い合わせ下さい。

Q:娘が二高を志望しています。宮城県の高校入試は内申点も重要だと聞きますが、何年生から塾に通えば良いでしょうか?

A:可能であれば小学3〜4年生(遅くとも小6)から通えればベストです。特に将来、国立大学の医学部など難関大を目指すのであれば、大学入試まで見据えた指導をこの時期から始めるのが無理なく医学部現役合格を勝ち取るための最善の道だと言えます。何故ならば、国立大学医学部受験のライバルとなるのは首都圏の中高一貫校の生徒だからです。無理なく、勉強を楽しむ要素も取り入れながら、正しい勉強法で学習習慣を身につけるには、早いに越したことはありません。

Q:現在中3で一高を志望しています。ギリギリ合格圏内だとは思うのですが入学後に授業についていけるか不安です。今から難しい問題を練習する必要がありますか?

A:進学する目的の一つは自分の学力を高めるためですから、授業を理解できず落ちこぼれてしまうのでは合格した意味がありません。授業を理解し、応用力を高めるのに必要なのは基礎理論の理解の徹底と正しい勉強法の習得です。難しい問題を「何となく」解けるよりもしっかりした土台の元、細かな点に至るまで丁寧にはっきりと理解することが重要です。CYOPAで本質を極める授業を受け、正しい勉強法を身につけることをお勧めします。