022-302-7823

©2019 by CYOPA. Proudly created with Wix.com

特別単科ゼミ

英語

​読む・書く・聞く・話す

世界水準の英語力を身につける

​世界水準の英語力とは何か?

CYOPA創業者棚橋が20年間アメリカで過ごし、公認会計士としてビジネスの第一線で活躍してきた中でたどり着いた結論が、"There is no short cut to success."ということです。

上手いやり方や、近道を探しても成功にはたどり着きません。何事も正しいやり方で、継続するのみです。

英語に関しても全く同じです。

では、正しいやり方とは何か。

ズバリ、文法、音、そしてニュアンスです。

今まで幾度となく、文法や読解に焦点を置いた日本の英語教育は実用性に乏しいだとか、話す力が養われないだとか指摘され批判されてきました。しかし、私だけでなく多くの英語教育界の著名人の先生方も同じ意見ですが、文法力という確固とした土台無しには第二言語として英語を学ぶことは出来ません。

話せるようになりたい、リスニング力をアップしたい、様々な思いがあるでしょう。しかし、話すことは、書くことが出来てはじめて可能になります。リスニングも然り、読むことができるから可能になるのです。

ライティング、リーディングのスピードアップバージョンがスピーキングとリスニングなのです。

日本の英語教育で重視されてきた文法が、英語を話す、聞くことにおいていかに重要かお分りいただけることでしょう。

では逆に、日本の英語教育に欠けていたものは何でしょうか。それには2つあります。まず1つが、音を聞き分けるためのトレーニング、もう1つがニュアンスの違いを感じ取る学習です。どちらも英語を使いこなすには不可欠の要素です。

なにもネイティブと同じ音で喋る、アメリカ人と遜色無い綺麗な発音で話すということではありません。

世界には英語を第二言語として話す人がたくさんいますが、彼らの多くが独自の癖やなまり(acccent) を持っています。

そのような人たちも、世界のありとあらゆる分野で活躍しています。私生活はもちろん、ビジネスにおいてもなんの不自由無く英語を使いこなしているのです。

このことから分かるように、アウトプットにおいては綺麗な発音、つまり日本語で言う標準語で話すことは必ずしも重要ではありません。

インプット、即ち音を聞き分けること、そして相手の感情の機微を読み取ることこそが問題です。

その為に、生きた英語の音に慣れること、ニュアンスの違いを汲み取る力が必要なのです。

そしてそれには、コツがあります。正しい学びがあります。

 

日本の普通の学校で、日本人だけに囲まれ、日本語だけで生活し、高校卒業直後アメリカに渡り第二言語として英語を学びネイティブレベルで自在に操れるようになった私だからこそ教えられることがあります。今までの日本人英語教師ではどうしてもカバーしきれなかった微妙なニュアンス、英語ネイティブでは教えきれない詳細な文法を具体的に教えます。ネイティブとの実際の会話も交えつつ、長年の経験で得た話す、聞くのエッセンスを、日本人の思考の枠組みに落とし込んだ独自の指導方で伝授します。

冒頭で申し上げた様に、成功への近道はありません。しかし、わざわざその道のりを険しくする必要性も皆無です。

英語学習は他の教科と比べて、実際の生活の中に活かしやすいものなので、ある一定の時期を過ぎると飛躍的に楽しさが倍増していきます。

英語を聞けて、かつ読めるようになると、世界中の無限の情報を苦なく手にする事ができます。

このCYOPAでは、文法という確かな土台の上に、音とニュアンスの違いを聞き取る力という二本の強靭な柱を打ち立てることによって、従来の日本の英語教育には成し得なかった、最難関大入試への対応力と実際の国際社会で使える生きた英語力を同時に、しかも道中楽しみながら手に入れる事ができます。

そして、英語学習の過程で会得する正しい学習法と自信

を他教科にも活かし、英語を武器に志望校合格を勝ち取るだけでなく、その後の大学生活や社会に出てからの人生を最高のものにしてください。

英語力、数学力、読解力を武器に、活躍の舞台を日本のみならず海外にまで拡げ、最大限の選択肢の中から自身の本当にやりたいことを見つけ、幸せになって欲しい。

​それが私の思いです。

特別単科ゼミ 英語

東北大学英語研究講座

地元、東北大学を初めとする難関国公立大学の

入試英語を突破しよう!

東北大学在学/卒業生が問題に対峙するための

秘伝を伝授します!

実際に大学入試を突破した経験を持つ講師陣が問題を解説するだけでなく、過去の入試のレビュー等、東北大学の入試問題の傾向まで徹底解説!

さらには、講師陣による問題添削により、本番を想起する緊張感の中、より正確に自身の考えを表現する技術の獲得を目指します!

本講座の無料体験を実施します!

​日程:9月23~26日

無料体験の詳細は下記pdfファイルをご覧ください。

・1,2ページ目(A4両面)

 無料体験詳細

・3,4ページ目(A3両面)

​ 添削問題答案用紙

​参加申込みはこちらからどうぞ。