3月13日の名言



「重いものをみんな捨てると、風のように歩けそうです。」


高村光太郎(詩人)

3/13/1883~4/2/1956


こんにちは。

CYOPA国語担当の桂木です。


今日の名言は、高村光太郎さんの名言です。


重責から解放された後の清々しさというのは、

筆舌に尽くしがたいものがありますよね。


しかし、背負っているものは何でもかんでも捨てられる、

とはいかないのが世の常でもあると思います。


そんなときは背負い方を変えてみるというのも一つの手ですよね。


いったん忘れてみる。


周りの人に相談する。


自分と他人の比較をやめる。



案外、荷物を重くしているのは自分なのかもしれませんね。



受験生の皆さんは、本当にお疲れ様でした。

コロナやらなんやらもあって大変だけど、

今はまさに「風」のように自由を味わっていることと存じます。


対価が達成感と自由の喜びなら、頑張るのも悪くはないかな

って思ってくれてたらいいなあ。


忘れて欲しくないのは、合格はゴールではなく新たなスタート、ということです。


(でも、もうちょっとだけなら休んでもバチは当たらないと思いますよ。)


それでは、また次回。

さようなら。


(桂木)