​Q.

首都圏難関校を目指すには何年生から準備すれば良いですか?

​A.

3〜4年生から始めるのがベストです。宮城県においては、小さい頃から正しい勉強法を意識して学んでいくことは未だ定着化していませんが、首都圏ではそのことを熟知している教育者の割合が多いので、早いうちから正しい学びを学んだ子達が、勉強を楽しんで、自発的に学習しています。この時期に考えることや学ぶことの楽しみを体験している子達は、やらなきゃいけない状態で、受験勉強をすることになる子達と比べ、雲泥の差が出てきます。是非早い段階から、本質を得た学びを手に入れ、楽しみながら学んでいきましょう。

​Q.

​息子が麻布を志望しております。勉強法など具体的な指導はしていただけますか?

​A.

​CYOPAには開成や麻布をはじめとする中高一貫校出身の講師が多数在籍しております。合格者がどのような勉強をしていたかのリサーチ・分析を行い、お子様にとって最善の方法をご指導いたします。

​Q.

息子を将来、東北大学医学部へと考えております。二華中に入れば安心ですか?

​A.

2018年度の入試では仙台二華は9名の合格者を出していますが、二華中に合格するだけではなく、二華でトップレベルの成績を維持しないと合格しないと言えます。更に2020年の入試から東北大医学部医学科の定員は現在の135人から105人に減員されます。入試環境は今よりも厳しくなるものと予測されます。CYOPAでは東北大医学部に余裕を持って合格するために中学生から医学部向け指導をしております。併せてご利用いただければ幸いです。

​Q.

娘が二高を志望しています。宮城県の高校入試は内申点も重要だと聞きますが、何年生から塾に通えば良いでしょうか?

​A.

可能であれば小学3〜4年生(遅くとも小6)から通えればベストです。特に将来、国立大学の医学部など難関大を目指すのであれば、大学入試まで見据えた指導をこの時期から始めるのが無理なく医学部現役合格を勝ち取るための最善の道だと言えます。何故ならば、国立大学医学部受験のライバルとなるのは首都圏の中高一貫校の生徒だからです。無理なく、勉強を楽しむ要素も取り入れながら、正しい勉強法で学習習慣を身につけるには、早いに越したことはありません。

cyopa_logo2.jpg

​CYOPAが大切にしている教育に対する考え方です

online_lesson.jpg

ライブ感の追求と​ITの融合を目指した新世代のWeb授業を提供します

classroom1.jpg

通塾しやすい立地と環境

​ストリートビューで教室内をバーチャル内覧可能

enrollment.jpg

入塾までの流れを分かりやすく説明しています

> HOME

> 夏の90日講座

​> 学習サポート

​>   コース一覧

​ > 小学生

 > 中学生

 > 高校生

 > 高卒・社会人

​受付時間 火〜日 11:00〜21:00(月曜定休)

©2020 CYOPA